世界地図を広げて
進路を選択する人のための
ユニバーサル アドミッションズ オフィス

What’s new?

2017.07.26 お知らせ

「Feelnote」はISMSクラウドセキュリティ認証(JUSE-IR-383-CS01)の認証を取得しました。

2017.01.11 お知らせ

株式会社アドミッションズオフィスは、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格である「ISO/IEC 27001:2013/JIS Q 27001:2014」の認証を2016年12月20日付けで取得しました。

01アドミッションズオフィスとは

ミッションステートメント

アドミッションズオフィスは、世界を舞台に活躍できる人財を育成することを目的として、既存の学校教育や年齢制限にとらわれない、豊かな学びの場を、この理念に賛同する国内・海外の大学、企業と連携して開発し、提供します。世界的な環境での学びが、教室での勉強だけでは育めない学生の潜在的な力を引き出すことができます。また、このようにして強い目的意識を持った学生たちを、彼らがその力を存分に伸ばすことができる適切な大学へとつなげることを目指しています。「世界地図を広げて大学を選択する」ことをテーマとして、国境にとらわれない大学選択を推進していきます。

次世代教育 10の提案

  1. 1.時間は有限であることを知り、チャンスは自らの努力で掴みとることを習慣化する。
  2. 2.正解のある問題に解答するだけでなく、課題を発見し解決する「白紙に絵が描ける」人財を目指す。
  3. 3.「高校生は、十分に大人である」という認識を持ち、常に自己責任で行動する。
  4. 4.自分が人生をかけてやるべきことを見つけ、世界で勝負することを意識し、専門性を高める。
  5. 5.溢れる情熱を持ち、自己研鑽に励み、将来の人生設計に大志を抱く。
  1. 6.多様な価値観を理解して、自らの考えを発信し、共感を生むコミュニケーション力を身につける。
  2. 7.誇りと希望を持って、国づくりと家族の幸せのために懸命に学ぶ。
  3. 8.職業選択は広い視野で行い、自分にとって良き選択肢があれば、国境にとらわれずチャレンジする。
  4. 9.社会には解決しなければならない課題があることを認識し、自らが当事者としてその解決にあたる。
  5. 10.国籍を越えた多様性の中で、友人をつくり、お互いに議論しながら成長する。

教育課題の解決に貢献

入試制度改革への貢献

現在の日本の大学入試は、ペーパー試験が主流となっています。このタイプの試験は、その性質上、本人の持つ能力の一面しか見ることができません。それにもかかわらず、多くの場合、教育はこのテストを目標として行われているという現状があります。しかし、これから求められるのは、正解を導きだす力に限らず、正解のない課題に挑む力。そして、人には本来もっと多様な力があり、それぞれに目標を立て、その実現に向けて行動を起こすことができます。大学入試を、このような一人ひとりの個性や経験を多面的に評価する方式に転換することができれば、教育のあり方も変わるはずです。そう信じ、私たちは、大学の入試制度を効果的に変えるためのソリューションとプラットフォームを提案していきます。

日本発信のグローバル教育の実現

日本はグローバル教育の実践が遅れていると言われています。これは、大学受験を頂点とした知識偏重型の教育が続いてしまったことが原因でしょう。しかし、個人の単位では、多くの大学教授や研究者が、国境にとらわれず、世界を舞台に活躍されています。また、生徒たちも、グローバルな視野を持って学ぶだけのポテンシャルを持っています。つまり、これらのマッチングさえあれば、日本においても、 世界水準の学びの場をつくることはできます。私たちは、制限を設けずに一人ひとりの可能性を伸ばすカリキュラムを提案していきます。

世界地図を広げて進路を選択できる環境を創造

日本はグローバル教育の実日本人の学生は、内向き志向と言われ、海外進学者の数は他のアジアの国々に比べても、極めて少ない状態です。グローバル化時代において、海外経験の有無は、非常に重要な要素であることから、これも解決すべき課題のひとつです。しかし、実際には、生徒たちは海外で学ぶことに意欲的で、人生のうちに一度は海外に出たいと思っている場合が多いことを、私たちは認識しています。つまり、彼らは海外に行きたくないのではなく、そう簡単には行けない現状があるということです。その原因は大きく分けて2つあると考えます。ひとつは英語力、もうひとつはインフラの欠如です。私たちは、これらの解決をはかり、生徒たちが世界地図を広げて学ぶ場を選択できる環境をつくります。

株式会社アドミッションズオフィスは、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格である「ISO/IEC 27001:2013/JIS Q 27001:2014」の認証を2016年12月20日付けで取得しました。今後とも、認証基準に基づく情報セキュリティマネジメントシステムの継続的な運用・改善に努め、お客様からより一層信頼される企業を目指してまいります。

02次世代教育

World School

高大接続・海外留学
促進プログラム

将来の日本を牽引するリーダーを育成するためのプログラム。各分野の第一線で活躍する大学教授や有識者の方をお招きし、テーマを多面的に深め、フィールドワークにより、自分の目と耳、頭と足で、その現場を体感します。取り組むのは、国際開発援助、環境問題、貧困、福祉、経済学などのグローバルな課題。知識やプレゼンテーションの習得はもちろん、真の進路発見にもつながる、他に類のないカリキュラムです。

竹中平蔵 世界塾

竹中平蔵教授が高校生を直接指導し、世界で活躍できる人財を育成する、日本初のプログラム。 授業の主言語は、原則的に英語。講義や討論、発表などを通して、実戦的な英語力、国際的な 視野を持つマインドセットなどを養い、次世代のグローバルリーダーを養成します。

オーデュボンプログラム

ロックフェラー系財団 TRUST FOR MUTUAL UNDERSTANDING との提携による、大学受験を超えた、リーダーシップ養成プログラム。 全世界が取り組まなければならない環境問題を通じて国際情勢を学び、時事英語力、論文力、プレゼンテーション力を鍛え、国際社会で活躍する人財を育成します。
全世界が直面する最重要課題である“環境問題”。日本を代表する大学教授、各界有識者など、専門家によるリレー講義と現地調査(フィールドワーク)を通じて多面的に考察します。テーマは自己の社会的使命を発見、認識し、将来への目的意識を高めること。「豊葦原瑞穂国」(とよあしはらみずほのくに)である日本に誇りを持った、世界に羽ばたくグローバル人財を育むプログラムです。

ソーシャルアントレプレナー プログラム

「ソーシャルアントレプレナー」とは、ビジネスによって社会に貢献する起業家のこと。 この講座で取り組むのは、貧困、福祉・医療サービス、教育など世界が直面する課題=“グローバルアジェンダ”です。各分野の第一線で活躍される講師陣によるレクチャーを受け、ビジネスモデルを構築。フィールドワーク、グループ&個人のプレゼンテーションを通して、自立力、発想力を身に付けます。 可能性あふれるNew Thinkingをベースに、その解決にあたりたいと願う、高い志と行動力を有する「高校生起業家」の育成を目指します。

FASID国際開発プログラム

開発援助人材の育成を主な目的として設立された、外務省及び文部科学省両省の共管の財団法人「FASID」との特別提携によって実現した、世界で活躍できるリーダーの育成をめざすプログラム。グローバル社会の進展にともない、新しい国際関係のあるべき姿が求められている今、国際協力は日本及び世界の将来にとって大きな課題となっています。このプログラムでは、国際開発・協力の第一人者である講師の講義、参加者同士のグループディスカッションを通して、将来、問題解決にあたる人財を育てます。

ドラッカープログラム

「マネジメントの父」と称される、ピーター・ドラッカー氏。氏の理念が息づく、ドラッカースクール(米国カリフォルニア州)と特別ライセンス契約を結び、現地での集中プログラムを実施。自ら設定した目標のためにセオリーを実践し、行動するために、実習やディスカッションなどを通して、マネジメントの真髄を学びます。第2弾として、3名の教授が来塾しての「女性起業家本格育成プログラム」が開講されました。

声優塾

老舗声優プロダクション「賢プロダクション」とのコラボレーションによって生まれた、 全く新しいカリキュラム。教養と知性を備えた新時代の声優を育成します。ここで身につけた 「表現力」は、声優への糧となることはもちろん、大学でも社会に出てからも生きる力となります。プログラム終了後は、希望者に、賢プロダクション「所属オーディション」を実施。優秀な結果を出した塾生は、賢プロダクション付属の養成所を経て、大学に通いながらプロの声優を目指します。

最先端科学プログラム

先端生命科学の第一人者・冨田勝教授の指導のもと、日本代表の科学者を育成するプログラム。世界最高峰サイエンス誌『nature』の論文を題材としたリサーチ、ディスカッション、プレゼンテーション特訓を行います。この特別プログラムでの活動は、大学入学に先がけた最先端研究への参加、そして、「世界初」の挑戦へとつながっていきます。

APU国際キャンプ

文部科学省「スーパーグローバル大学」に選ばれた立命館アジア太平洋大学(APU)で行う3日間の短期集中プログラム。学生の半数が世界84か国から集う国際留学生であり、教員の約半数も外国籍。世界に類のない多文化環境に飛び込み、多様な文化にもまれ、自ら課題を見つけ、フィールドリサーチを通してその解決に取り組もう。
世界各国からの国際学生が学ぶAPUのキャンパスで、国際社会が直面する様々な課題について意見を交わし、理解を深めていく。このプロセスを通じ、真のグローバル人財が有するべき「国際的な視点」を養うことを目的とします。

シリコンバレーITキャンプ

コンピュータ・ネットワークの仕組み、アプリ開発(プログラミング/マネジメント)、ITビジネスのイロハを、実際にWeb業界で活躍する講師陣がレクチャー。情報化社会で活躍する基本から、個人の志向をビジネスに結びつけた、効果的なプレゼンまでを実戦的に学びます。
活動実績として生きることはもちろん、 実際に起業することも視野に入れたプログラムです。

グローバル企業経営塾

国連グローバル・コンパクト(UNGC)のボードメンバーである有馬利男氏を“塾長”とする、現役高校生のための経営塾。各企業・団体が責任ある創造的なリーダーシップを発揮し、社会の良き一員として、持続可能な成長を実現するには? 世界的な視野でビジネスをとらえ、「善きことをして売り上げる」企業人育成を目指します。

Disney Youth Programs

世界最大のアミューズメントリゾートであるフロリダ州のWalt Disney World® Resortで、アトラクションやテーマパークの環境を活用して行う、ワークショップ形式のプログラム。「なぜディズニーが世界中の人々の心をひきつけるのか」そのエンタテインメント性とホスピタリティの実態を探っていきます。修了者には、ディズニーよりCertificate(修了証)が発行されます。

ネゴシエーション&
リーダーシッププログラム

「交渉学」の第一人者、慶應義塾大学法学部・田村次朗教授がおくる、塾育プログラムの決定版。 「交渉学」とは、相互理解のもとでお互いの利益を実現するための、新しい学問。米国ハーバード大学流「交渉学」 の授業をそのままに、交渉のマネジメントや問題解決法を体得。実際のケーススタディをもとに、グループディスカッションやワークショップなども行い、自己の限界を乗り越える力や困難に立ち向かう強靭さを養う。

Special Program in NY

多数のノーベル賞受賞者を輩出するコロンビア大学とのプログラム。Time本社で、第一線のジャーナリスト、編集長とミーティング。リンカーン、オバマら、歴代米国大統領等が演説を行ったステージに立ち、英語で行うスピーチなど、自己を磨き、高めるグローバルハイスタンダードな体験が盛りだくさん。コロンビア大学・クーパーユニオン大学などから、参加認定証(Certificate)が発行されます。

03教育システムソリューション

教育コンサルティング
& システム開発事業

グローバル教育の実践、海外留学の推進、国際学生の受け入れ等、「世界で学び、世界で働く」人財育成のための環境づくりをサポートするとともに、その実現のためのプラットフォームを提供しています。

UNIVERSAL college APPLICATION

Universal College
Application Asia

Universal College Application (UCA)はハーバード、プリンストンなど、50以上の大学が参加するオンラインの入試コンソーシアム。学生が1つのアプリケーションで複数の大学に出願することができます。サマデイグループは、米ApplicationsOnline社と提携し、アジアの大学のための新しい入試コンソーシアムUCA Asiaを立ち上げます。

Feelnote

Feelnote

[ISMSクラウドセキュリティ認証取得]
国際特許出願中(出願番号:PCT/JP2016/54958)

高校・大学など、様々な場での学び・経験を、FacebookやInstagramのように手軽に記録。UCAとの連携により、この蓄積が、大学にも提出できるポートフォリオになります。感じ、気づいたことが、世界に通じるパーソナルブランドになると同時に、学び・経験を世界にひらくことで、日常の過ごし方を変えるシステムでもあります。

04パートナーズ

Colleges, Universities and Collaborators

  • The Peter F. Drucker and Masatoshi Ito Graduate School of Management
  • Foundation for Advanced Studies on International Development (FASiD)
  • Asian Cultural Council (ACC)
  • 賢プロダクション
  • Stanford University CSDGC
  • Cooper Union
  • The Earth InstituteーColumbia University
  • Teacher's CollegeーColumbia University
  • Disney Youth Programs
お問い合わせ